素敵!快適!有料老人ホーム

介護福祉士とホームヘルパー

介護とは

公的な老人ホームや有料老人ホームで大切になってくるのが介護サービスです。老後を過ごすということは、老人ホームの利用も考えられることなので、介護とそもそもどういったことを指すのか知っておくべきです。介護と看護との大きな違いは介護は介護する人の病気や障害を治すことが目的ではありません。

介護を受ける人がしたいことなどができる様に手助けをしてあげることが一番の目的です。

介護福祉士

介護福祉士という資格があります。この介護福祉士とは国家資格で、介護などの経験が3年以上あるもの、福祉課程のある学校で所定の科目を修めて卒業したものであることが条件付けられていて、試験内容は筆記と技能があります。

日常生活がスムーズに支障が少なく送れるように手助けをします。

介護といっても介護の専門知識がいるものばかりでなはく、子供でも簡単にできるような足や腰の悪いお年寄りの落し物を拾ってあげたり、重い荷物を持ってあげたり、電車やバスの公共の交通機関などでお年寄りに座席を譲ってみたりお年寄りが多い場合はエレベーターやエスカレーターをお年寄りに率先して譲り、階段を使うなどお手伝い感覚のものから少しの意識改革でできるようなことまで介護は幅広いです。
ホームヘルパー

ホームヘルパーとは1級、2級、3級と資格のレベルが三段階に別けられていて、1級はホームヘルパーの管理が行なえ、2級は身体介護サービスが行なえ、3級は家事支援サービスが行なうことが出来るように別けられています。

介護保険制度
介護保険制度とは2000年に導入された社会保険制度である。40歳以上の人たち全員を被保険者とし、市町村が運営している公的な社会保険制度で強制加入である。

被保険者の立場になると保険料を払い、介護が必要と認定を受けた場合、介護費用の一部を負担して介護サービスを受けられます。被保険者が介護が必要だと認定されなければ介護保険は受けれません。被保険者は要介護認定を受ける必要があります。

介護スタッフの場合、介護資格を持っている必要があります。

Valuable information

アクリル板

髪のクセを楽しむ

2017/7/27 更新

Copyright(C) 素敵!快適!老人ホーム生活 All Rights Resreved.