素敵!快適!有料老人ホーム

老人ホーム入所時にかかるいろいろな費用

入居一時金

入居一時金を支払うことによって自分の暮らす部屋やみんなで使う共用のスペースを使用する権利を買う仕組みになっています。使用料みたいな感覚です。

一時金は有料老人ホームを退所するときにいくらか戻ってきます。その戻ってくる金額も有料老人ホームによってまちまちなので入所のときに確認しておく必要があります。一時金の返還額のトラブルも実際に起こっています。
月額費用
入所するときの一時金以外にもまだ費用はかかってきます。それは、月々にかかる色々な際ービスに対する月額費用です。

介護費用

介護保険制度の導入で、公的な老人ホームの場合だと介護のサービスの一部が保険の対象となり保険でまかなわれます。
しかし、有料老人ホームだと、健康面で異常がない状況の時や、一時的な生活の支援、介護サービス、24時間体制での見守りなど介護保険では負担できない範囲の介護サービスは本人によって負担しなければなりません。

(有料老人ホームでも例外として介護保険制度が適用される施設もあります) 介護費用の支払い方法は有料老人ホームによってばらばらで入所するときに注意しなければならない条項の一つです。

介護費用の大部分が介護ヘルパーや看護婦などの人件費にあてられます。おむつなどの毎日使う消耗品も当然個人負担になってきます。
その他費用
有料老人ホーム選びとは、後悔しない選ぶ方のこと。ならば上記の2点の費用のほかにさらに月額利用料というものの負担についても知っておきましょう。月額利用料の基本的な内訳は家賃、水道代、光熱費、食事代、施設の管理費と上記で述べた介護費用が月々の負担額となって入居者にのしかかってきます。

このように有料老人ホームには公的な老人ホームに比べると多くの費用が必要となってきます。しかし、公的な老人ホームは費用の負担が軽いため多くのお年寄りが入所希望します。しかし入所希望を出したからといってもすぐに入所できるとは限りません。

近年ではお年寄りの数が増えてなかなか入所できないケースもあります。順番待ちを避けるため高い費用を払ってもいろいろなサービスを受けられる有料老人ホームに入所するお年寄りが増えています。
recommend

食用金箔の販売

ボイストレーニングに東京で通う

最終更新日:2017/8/24

Copyright(C) 素敵!快適!老人ホーム生活 All Rights Resreved.