素敵!快適!有料老人ホーム

自分に合った施設を選ぶ

老人ホームの種類

老人ホームとは老人福祉法という法律で決められた規約があり、一言で老人ホームと言ってもいろいろな種類の老人ホームが全国各地に存在しています。老人ホームだからといって安易な気持ちで選んだり、生半可の気持ちで入所すると後悔するかもしれません。

入所するとそこのホームが家になり、自分の第二の故郷や都になるわけです。健康の状態や年齢などによっては入所規定に届かず、入居することが不可能な老人ホームもあります。

老人福祉施設がいくつもの種類に別けられているので自分の現在の条件をしっかり見据えた上で自分に合った老人ホーム選びは大切です。

老人デイサービスセンター

  • 有料老人ホームとは?それはずばり、お年寄りに食事の提供・補助をしたり、お風呂に入れてあげたり、介護方法を指導したりなどをする施設を老人デイサービスセンターと呼びます。

    この老人デイサービスセンターの対象となるお年寄りの条件は65歳以上のお年寄りで、行政の措置によって通わせる者、介護保険やその他の政令で使用が認められている者である。
老人短期入所施設
優良な有料老人ホーム選びを心がけるなら、短期入所施設にも目を向けておくべきです。居宅で介護サービスを受けることが一時的に難しい状況のお年寄りに対して、短期間の間だけ入所を認め、養護することを目的とした施設を老人短期入所施設と呼びます。

この老人短期入所施設の対象となるお年寄りの条件は65歳以上の老人で、行政の措置によって通わせる者、介護保険やその他の政令で使用が認められている者である。

主な理由として低所得者や身寄りがないなど経済的な理由で居宅で養護が受けることが難しい状況の65歳以上の老人を入所させ養護するための施設を養護老人ホームと呼びます。

この養護老人ホームは行政による措置施設であり、介護保険施設とは違います。入所の申し込みは施設にではなく市町村に申し出なくてはならない。

特別養護老人ホーム

例えば、認知症の症状があったり、寝たきりの状態など身体や精神に障害があり常時の介護を必要としているが居宅において介護を受けるのが難しい状況である65歳以上の老人を受け入れる施設を特別養護老人ホームと呼びます。

介護認定を受けていることが条件となっていて申し込みをしてから入所するまでに時間がかかります。 軽費老人ホーム 無料や低額な料金で食事の提供など日常生活を送るにあたって必要となるサービスを提供することを前提とし、健康上問題ないお年寄りでも入所することの出来る施設を経費老人ホームと呼びます。経費老人ホームの対象年齢は原則として60歳以上となっている。

Favorite

たまプラーザ 美容室

ブラインド内蔵サッシ

Last update:2017/7/27

Copyright(C) 素敵!快適!老人ホーム生活 All Rights Resreved.